一発大物狙い_厳寒の箱根早川冬季CRでデカニジを追う_2024年初釣行記vol.2

ユーロニンフ_Euronymph
箱根早川_一発大物狙い

寒波襲来で朝から寒い一日となった

出発時の八王子の外気温は0℃
車の窓ガラスは真っ白に凍結

出発時の外気温は0℃

今日のターゲットは先週掛け損なった70オーバーのデカニジ

自分が知る中では今の冬季CR区間で最大のニジマス

このニジマスを釣り上げることが出来たら今シーズンの早川は終了してもいいかも・・・

あさイチに所定の場所を覗き込むと今週もいるいる!

デカい❗️

一週間前にスレで掛かったがネットイン直前でバレてしまった魚
今週は何としても口に掛けたい。

魚の口元の位置と流れのスジ、深さを見極め、先ずは左右の無関係方向に借りキャスし距離感やフライの沈降速度をチェック

緊迫する魚とのやり取りの静かな時間・・・

すると、何と!狙い3投目でヒット!

しかし、首を振られてすぐにバレてしまった(>_<)

あ”〜!残念(ToT)

その後もデカニジは目の前をフラフラ回遊していたが定位して採餌する様子はなく、釣りとしては厳しい状況。

言い訳がましいが流れが緩い場所のため、こちらの存在も見つけられやすく、またフライも見切られやすく、ただでさえヒットの確率は低く難易度は高い。

く〜悔しい❗️

気持ちの整理と場を休める為に上流の方に足を進めた

流れの中で採餌モードだったニジマス

流心にいるマスは釣りやすい

プリンスニンフにヒットしたニジマス

こちらも流心で定位していたニジマス

プリンスニンフは今回も明らかに食い気を感じさせるフライだった
信頼度が更にアップ

ヒレは大きいが痩せているニジマス

ヘアズイヤーニンフの#18は今回も明らかに効果を感じた
上流から流れるヘアズイヤーニンフが側位を通過した後に追い食いしてヒットするケースもあり
今シーズン信頼度がアップした新たなフライ

口元にわずかに掛かったヘアズイヤーニンフ

その他、フタバコカゲロウニンフも新調してみたがヒットはあった・・・
が、ヘアズイヤーニンフ程の効果は感じられず。

前日に張り切って巻いたフタバコカゲロウニンフ

ただ、サイズやカラーの条件が異なるため比較検証には至らず
今後もサイズ、カラーを工夫して継続検証

箱根早川のアベレージサイズ

箱根早川のアベレージサイズ
このサイズは川のあちらこちらに沢山いる
瀬の中でも石の前、横に定位しているニジマスを容易にみつけることができる

こちらもヘアーズイヤーニンフにヒットしたニジマス

プール落ち込みの流れの筋に定位していたニジマス

痩せているがまあまあのサイズのニジマス
このクラスのニジマスが川に馴染んで太ってくると面白くなると思う

午後からは風も強くなりキャストがしずらくチャンスの機会は益々少なくなった。
おまけに雨まで降って来た(>_<)

やはりあさイチのチャンスを生かせなかったことが悔やまれる

来週も再チャレンジとしたい

↓↓ブログ村ランキングに参加しています。励みになりますのでポチっとお願いします。↓↓

ユーロニンフ研究部_ Euro Nymphing - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました