フタバコカゲロウの乱舞する新春の箱根早川冬季C&R_2024年初釣行記vol.1

ユーロニンフ_Euronymph
箱根早川新春ビッグレインボー

2024年がスタート。
新年最初の釣行は迷わず箱根早川へ。

本来は昨日の釣行予定であったが目覚ましセットミスで痛恨の朝寝坊(>_<)

出直しの本日の釣行。
朝日を浴びる富士山の美しさに感動の思いで高速を箱根に向けて急ぐ

2024年度の釣りを占う大切な一日となった。

年券を調達し少し遅めの初出竿
先週に見つけていた太閤橋下の堰堤下プールのデカニジがお目当て

朝一は魚も採餌モードなのか底に張り付いて定位している
淵尻の方に目をやると、いるいる!例のデカニジがいた!

あさイチはルアーマンで混雑しており場所に入れなかったが誰も魚の気配には気づいていないようで魚の口先にルアーを送っている気配はなかった。

時間が経って釣り人が散ったところで釣り座を確保

少し下流に小さいのがいたので、フライの沈下速度や流れの感覚をチェックするのにそっちを狙ってみる。
ビーズヘッドとガン玉の組み合わせが重すぎるようで魚の口元に上手く流れていかない。手前で底を打って引っ掛かってしまう。

そうこうしているうちに別のニジマスがヒット

更に上流の方に別のデカニジを発見

前回、かなり弱っていてご臨終予告していたニジマスだった。
傷や尾鰭の具合からそれと分かったが、釣れないだろうと思いつつも、朝のまだ魚を掛けていないタイミングなので、釣りたい欲求もなくはなく、半信半疑でそれとなく口元に送っていると数頭目にヒット(してしまった)!

案の定、痛々しかったので速やかにリリース
気の毒な思いと掛けてしまった後悔⤵︎
尾鰭が切れていても70ジャスト

フライはGBHプリンスニンフ

プリンスニンフは他浮遊しているニジマスの反応をみても、見ていたり追ってきたり口元では食ってきたりと明らかに反応が良かった。

昨年もプリンスニンフは、60クラスのニジマスが、目線を過ぎたフライを後追いしてきてまで食ってきた経験があり釣れるフライとして絶対的な信頼を持っているが、今回もまたその信用を更に増す体験となった。

浮遊するニジマスの口元にフライを送って数尾をキャッチ

その後、上流の瀬の区間へ移動。
よく見ながら歩いていると石周りの要所要所にニジマスの魚影を発見!

ドロッパーにウェットフライを結んでみたがそこそこ反応はあった。
コカゲロウを意識してボディはタンカラーを使用。

歩いては魚を見つけてキャスト&キャッチを繰り返し攻めの釣りが楽しめた。

フライが100%合っていないようでなかなか食ってくれない場面も多かった。

下流から遡って来て、ライズポイントの深瀬の上流部に差し掛かった時、定位するデカニジ2尾を発見!渕尻から流れ出した辺り。冬季開幕日にデカニジにぶっち切られた痛恨の思い出の場所。

底に張り付いて定位しており、いかにも釣れる感じの個体に見えた!

少し上流に着水、魚のフィーディングレーンに微調整して口元に流す。
フライが口元に差し掛かったであろうタイミングで竿を立てると、重い!
見事にヒット!

ギリ60の紅ほっぺの立派なニジマス。
この時期には珍しい傷一つない綺麗なニジマスだったのでビックリ!
サイトフィッシングでイメージ通りのヒットであり新春第1発目の会心の1尾となった。

フライは上顎の奥真ん中あたりに掛かっており、良くぞ歯でラインが切れなかったものだと後でドキッとした。

フライはフタバコカゲロウを意識したフライセレクト
釣れたのもこの場所

背中にゴールドティンセルを通したヘアズイヤー(タン)18#

晴天に恵まれた一日だったが日の当たらない時間も多く、終日寒い一日だった。

しかし午後2時頃にはプールでは上流に向かってフタバコカゲロウが乱舞。
しきりにライズするニジマスの姿も見られた。
ドライフライの釣りも楽しめたチャンスだったと思う。

最後に本日の一番のお目当てだった太閤橋下堰堤下のプールのデカマスを実は最後に掛けた。
ただし、スレだった。

大岩の際にいるのを見つけていたので繰り返し投入していたらなんと背中辺りにスレ掛かりとなってしまいかなり長い時間ファイトした。

口に掛かっていないためにコントロールが利かず、また、口から酸素を吸わせることができないためなかなか弱らず時間が掛かってしまい、結局、引っ掛かり部の傷が広がったのかバレてしまった。

あさイチの採餌モードの時に食わせられなかったのが敗因。

また次回に持ち越しとして納竿。

↓↓ブログ村ランキングに参加しています。励みになりますのでポチっとお願いします。↓↓

ユーロニンフ研究部_ Euro Nymphing - にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました