小田原早川

ユーロニンフ_Euronymph

箱根早川冬季CR最終釣行 デカ鱒リベンジ 5回目の挑戦_2024年初釣行記vol.4

推定80オーバーのデカニジを見つけて依頼、毎週通っている箱根早川。週一の釣行なのではや1か月以上経つという訳だが未だにネットイン出来ていない。 箱根早川冬季CRシーズンも1月末で終了のため、いよいよ今日がラストチャンスの釣行となった。
ユーロニンフ_Euronymph

厳寒の箱根早川冬季CR デカ鱒リベンジ 4回目の挑戦_2024年初釣行記vol.3

箱根の温泉街を近くに控える中で激寒の一日となった。普通の人は温泉にでも浸かって美味しいもの食べて一杯やっているところだろうか・・・。今週も本命の70オーバーのデカニジリベンジで4度目の挑戦で箱根早川に向かった
ユーロニンフ_Euronymph

一発大物狙い_厳寒の箱根早川冬季CRでデカニジを追う_2024年初釣行記vol.2

寒波襲来で朝から寒い一日となった。出発時の八王子の外気温は0℃。車の窓ガラスは真っ白に凍結。しかし、先週掛け損なったデカマスのヒットをイメージしてリベンジへ。
ユーロニンフ_Euronymph

フタバコカゲロウの乱舞する新春の箱根早川冬季C&R_2024年初釣行記vol.1

2024年がスタート。新年最初の釣行は迷わず箱根早川へ。本来は昨日の釣行予定であったが目覚ましセットミスで痛恨の朝寝坊(>_<)出直しの本日の釣行。朝日を浴びる富士山の美しさに感動の思いで高速を箱根に向けて急ぐ。2024年度の釣りを占う大切な一日となった。
ユーロニンフ_Euronymph

小雨のなか高活性の箱根早川冬季CR_2023年大晦日釣行記vol.29

今年は大晦日の納竿日となってしまったが、天気も小雨が降る中での今一のスタート。まずは直近の実績が高い通称"竹林前”へ。 しかしながら、川に降りて小雨により波紋の立つ流れに目をやると白いお腹や口周りがフラフラと流れの中で特異な動きをしているのが目にとまる。よくよく観察すると餌を追って左右に頻繁に泳ぎ回る姿が確認できた。水面下の活性は高いようだ。
ユーロニンフ_Euronymph

濁り明け高活性の箱根早川冬季CR_2023年釣行記vol.28

箱根早川は濁りの回復が早いことと漁協の方がこまめに河川状況を提供してくださっており、遠方から足を運ぶにもとてもありがたい。せっかく行ったのに釣りにならないということがまずない。お陰様で今週末も満足の釣りとなった。
ユーロニンフ_Euronymph

箱根早川冬季CRチャリティー釣り大会/フライ・テンカラへ参加_2023年釣行記vol.27

毎年恒例で参加させてもらっている冬季チャリティー釣り大会。 早川の釣り大会の特徴だが、毎回、大会を開催する度に集めた会費で魚を放流し、大会毎に魚がどんどん増えていく。 漁協の皆さんと集まる釣り人のほぼボランティア精神で川の保全と放流が成り立っているのが特徴といえる。
ユーロニンフ_Euronymph

箱根早川冬季CR_冬の到来_2023年釣行記vol.26

いよいよ12月を迎え寒さも本格化し冬の到来を感じさせられる季節。少し前まであれほど暑かったのに、急に冬が来た気もするが暦を見るともう12月、むしろ今年は暖冬らしい。そんな中、来週のフライ・テンカラ大会の下見に箱根早川へ。
ユーロニンフ_Euronymph

箱根早川冬季CR_スーパーレインボーとの再会_2023年釣行記vol.25

11月に入りここ箱根早川では各種イベントが続々と開催されておりその都度、チャリティー放流がされており魚は増える一方。早川は漁協の皆さん筆頭に有志の結束で河川環境が保持していることが特徴の一つと考えられます。
ユーロニンフ_Euronymph

箱根早川冬季CR_冬の気配_2023年釣行記vol.24

少し前まで暑い日和が続いていたが、先週あたりから涼しさから寒さを感じる季節へ。 鱒釣りにおいては水の冷たさはシーズン到来を感じる季節でもある。気が付けば富士山も五合目辺りまで雪が覆っている 11月も半ばを過ぎているのでもっともと言えばもっとも。